宝塚作品

【レポ①】天飛華音くん、舞空瞳ちゃんのステージトークを観覧して来ました♪

さて、8月2日に行われた友の会会員の特別イベントの星組新人公演『GOD OF STARS-食聖-』で主演を務めた天飛華音くんとひっとん(舞空瞳)のステージトークを観覧してきました。

「阿弖流為」のときから天飛くんのことがかなり気になってたのでお茶会に行きたい、行きたい!と言ってるのですが残念ながらまだ行けてません。

そんな中、今回のステージトークが当たったのは運命の女神様のお導きとしか思えない!

ちなみに新人公演も観劇させていただきましたので、それは別記事でレポしますね♪

初々しくてひたすら可愛い天飛華音くんと舞空瞳ちゃん♪

まずは、天飛華音くんと舞空瞳ちゃんが二人揃って登場。二人の顔の小ささに、「顔小さい~♪」「かわいいー!」というどよめきが起こりました。

まだ、研4の二人。とっても初々しくて、かわいらしい!

天飛くんは、黒いスーツに赤が入ったストライプの印象的なネクタイ、舞空ちゃんは大人っぽい赤いレースのワンピースという服装でした。

どちらも「紅(くれない)」を意識した服装。合わせたんですか?との問いに、ひっとんからは事前に華音くんに向けて服装の連絡があったようです。

しかし、華音くんはそれに気づいてなくて、今日の朝慌てて服を決めたのですが、たまたまひっとんと服があってたとのこと。凄いですね。

102期同期ならではの絆の深さ

102期同期の二人。司会の方が「二人は成績が1番と2番で…」っていった瞬間、またみんなの歓声が。

1番と2番が主演する新人公演って凄すぎる。

二人の会話は同期かつ初舞台の化粧前を共有した仲という強い絆を感じされるものでした。

天飛くんがちょっと頼りない弟キャラで、ひっとんが優しく包み込むお姉さんキャラといった感じでしょうか。

二人とも舞台では若手ながら堂々としてますが、とても緊張する性質らしく初舞台のときや新人公演のときは化粧する腕がプルプル震えてるらしく、実際そのときの二人の様子を再現してくれた姿には思わず大爆笑してしまいました。

また、ひっとんはこっちゃん(礼真琴)率いる、次期星組のトップ娘役就任が決定しております。

ひっとんは同期で最初に華音くんに連絡したそうですが、華音くんはなぜかわからないけど、そうなる予感があったそうです!凄いですね。

ダンサーの二人はよく、お互いのダンスを見合って、いろいろ意見しあうとのことでした。

お互いのことをひとことで表すと?と聞かれると

何故か、華音くんが絶叫(笑)考えてくるのを忘れた、と。可愛いです。華音くん。

舞空ちゃんから発表することになり

「熱さ100%」

華音ちゃんは熱いパッションの持ち主のようです。それは、結構普段の舞台からも伝わってきますよね。

今度は華音ちゃんが発表する番となり、むちゃくちゃ悩んだあと

「キラメキ100%」

うん、頑張ったね華音くん。とってもほほえましい二人でした。

芸名の由来は?

天飛華音くんの芸名の由来は、「天」という字は思い入れのある漢字なのでつけたくて、「華音」は漢字は違うけど本名からということでした。

舞空瞳ちゃんは「瞳」は本名からとのことでした。舞空瞳ちゃんの入団時の芸名は「舞空美瞳(まいぞらみみ)」だったのですが途中から名前が変わりましたよね。

芸名がかわる人ってあんまり居ないのでとても印象に残ってます。

理由は不明ですが、元雪組トップ娘役の「舞羽美海(まいはねみみ)」に似てるからともいわれてました。けど、芸名をつけるときって、結構、劇団側も精査すると聞いたことがあるので割と初歩的ミスな気もして意外でした。

二人の宝塚との出会いは?

華音くんは両親が宝塚ファンで、初めて観劇した2011年の霧矢大夢主演の月組公演「バラの国の王子」を観劇し、宝塚に入りたい!っと決めたとのことでした。

ここで、この観覧者に対して、「この公演を見た人?」っていう質問があったのですが、私を含め結構な人が手を挙げてました。

美女と野獣が原作のストーリーでいじわるな姉役の星条海斗さんと憧花ゆりのさんの演技が光ってました(笑)

ひっとんは2008年、轟悠、大和悠河主演の宙組公演「黎明(れいめい)の風」が初観劇だったようです。

同じく観覧者に「この公演観た人?」という質問があり、私を含め結構な人が手を挙げてました。

イシちゃん演じる白洲次郎がカッコよすぎて、白洲次郎を調べまくりました。

★宝塚ファンはファン歴長い人が多い!

★みんな月組、宙組と組関係なく観劇している人が多い!

結構最近の作品な気がしてたんですが10年くらい経ってすんですね……。時の流れが怖い!

新人公演が決まったときは

新人公演の主演は、劇団内発表がある前に、事前に連絡があるようです。華音くんは結構ギリギリまで連絡無かったので、今回の主演は無いんだなと漠然と思ってたところに、主演決定の連絡が入り、とても動揺したとのことでした。

動揺するとソワソワ部屋を歩き回ってしまう華音くん。舞空ちゃんに電話したら、舞空ちゃんに「今、部屋の中歩き回ってるでしょう!」と見破られたとのこと。

いやー舞空ちゃんの洞察力凄いです(笑)さすが同期。102期の1番2番の二人ですが、音楽学校時代は演劇のクラスが別だったようで、一度も二人でがっつり芝居した事はないようです。

長くなりましたので、また②でつづきを記載していきます♪

 

▼よかったらポチっと応援お願いします♪
他の宝塚ブログも読めます!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村