観劇レポート

【レポ②】天飛華音くん、舞空瞳ちゃんのステージトークを観覧して来ました♪

8月2日の宝塚友の会のステージトークレポ第二弾です♪

第一弾はこち【レポ】天飛華音くん、舞空瞳ちゃんのステージトークを観覧して来ました♪①」

実際の新人公演の映像をみて

前方画面で出演者と観覧者が新人公演のダイジェストを観覧しました!

わたしは新人公演を観劇してたので、様子はわかってたのですが(笑)華音くんとひっとんは初めて自分たちの映像を観るらしく、「恥ずかしい!」とか「こんなだったの!?」とワイワイしてました。

その姿がまたホントに可愛らしく、ほほえましかったです。

新人公演を観劇したときも思ったのですが、華音くんは元気いっぱいで俺様というよりは元気系でヤンチャ、ひっとんはそれをリードするお姉さんって感じで本役さんとはまた全然役のイメージが違いましたね。

華音ちゃんは、よく

顔芸がすごい!

と言われるらしく、ほんとうに表情豊かです。「顔の管理をきちんとします」と目標を言ったのが面白かったです。

ひっとんが「残り物でささっと作ったもの」

「食聖」の中でアイリーンが残り物でささっと「死の餃子」を作ってくれますが(笑)

新人公演当日はひっとんが、ばたばたしてて何も食べてなかった華音くんのために、残り物でささっとひとくちサイズのおにぎりを作ってきてくれたとのこと!

3種類あったらしく、ちょっと一種類忘れてしまったんですが、おかか、とオムライスがあったようです!

オムライスのおにぎりとかアイリーンの手作りクッキーのように、

ほんとあざとい!

ですね。ひっとん女子力高くて可愛いよ(笑)

小林寺の天路くんの反復横跳びについて

観覧者からの質問で「小林寺」はどこまでが脚本でどこまでがアドリブ?っていう質問がありました。

新人公演の小林寺の場面で、天路そら君演じる反復横跳びを一生懸命練習するお爺さんが居るのですが、その動きが本当にすごくて!

反復横跳びが出来ないときのぬるぬるした動きも、急に出来るようになった後の高速反復横跳びの動きも身体能力が相当高くないと出来ない動きで、観客中が、真ん中で行われるホンとミッキーの芝居よりそっちに集中してしまい、拍手が起きてたんですよね(笑)

そこで、振り返ってホン役の華音くんが

「ちょっと待って!待って!」

って制止してたのですが、反復横跳びは脚本で、華音くんのところはアドリブだったようです。

華音くんは後ろ向いてて、天路くんの動きを見てなかったそうなので、見たかったー!と残念がってました!

あの場面は本当にむちゃくちゃ面白かったですね!天路さんの芸達者ぶりが光ってました♪

夕陽 真輝くん演じるエリック・ヤンと重ねた話し合い

華音くんは、新人公演にあたって、ホンの面倒をみてたエリックを演じる夕陽真樹くんとかなり綿密な話し合いを重ねたとのこと。

また、99期は芝居上手な人が多く、とても熱心にみんなを指導してくれたようです。

確かに99期は天路くんをはじめ、小桜ほのかちゃん、遥斗勇帆くんと芝居上手な芸達者さんが多いですからね!

また、わたしも聞いたとき思ったんですが、開演アナウンスの声がものすごく高く聞こえておりびっくりしたとの意見がありました。

普段の声より数段高い!普通にしゃべる華音くんの声はもっと低かったです!

華音くんも自分で聞いてびっくりしたみたいです。おそらく緊張してたんですかね(笑)もっと低くなるよう頑張ります、と言ってました。

たぶん落ち着いて話せば大丈夫だと思う!

まだまだ、書きたいことがあるので、レポ第3弾に続きます!

 

▼よかったらポチっと応援お願いします♪
他の宝塚ブログも読めます!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村