タカラジェンヌ(人物)

【千秋楽間近】私が好きな紅ゆずるの演じる役ベスト5

じ、実は運命の女神のお導きで、明日(もう今日だけど)の前楽の紅ゆずる様のサヨナラショーを観れることができそうなんです!!!

嬉しいだけでなく、興奮とか寂しさとかいろんな感情で息が苦しくて眠れない(>_<)

トップさんのサヨナラショーを観に行くのって約20年ぶりなんですよ。

しかも大好きな星組の紅さん!指先が小刻みに震えております。。。

というわけで紅さんのこれまでを振り返りながら、わたしが好きな紅さんの今まで演じてきた役ベスト5を勝手に発表したいと思います♪

第5位 『太王四神記Ⅱ-新たなる王の旅立ち-』チュムチ

紅さんを初めて認識したのがこの2009年に上演された大劇場公演の「太王四神記Ⅱ」のチュムチでした。

柚希礼音さんのトップお披露目であり、柚希さんと二番手の凰稀かなめさん目当てに観に行きました!

当時は仕事が忙しくて、宝塚にあまり時間がかけられておらず、若手の方があまりわかってなかったんですが、紅さん演じるチュムチのコミカルな演技とスタイルの良さにこんな人がいるんだ!と初めて紅さんを認識した最初です。

紅さんは四神・白虎の守り主と割と目立つ役をされてました♪コメディセンスはこの頃から凄かったです。

第4位 『太陽王〜ル・ロワ・ソレイユ〜』ムッシュー

ムッシューは、柚希礼音さん演じる太陽王ルイの弟で、恰好とか台詞回しとか完全色物役です( ´艸`)

しかし、兄である太陽王のことを心から尊敬して掛け値なしで愛してるのは最初ムッシューだけなんですよね。

愛する兄上が心休まるように愛人まで紹介してしまいます!愛人役の· モンテスパン夫人のしーらん(壱城あずさ)も本当に美しかった!

独特の演技と深い愛が紅さんの人柄ともマッチして、凄く紅さんにあってる役でした!

第3位 『ガイズ&ドールズ』ネイサン・デトロイト

この舞台をはじめてみたとき、

紅さんはなんてチンピラが似合うんだろう!と感動しました。(褒めてますよ!)

賭博開催で小金を稼ぐどうしようもない、今でいう半グレの役ですが、礼真琴くん演じるアデレイドのために最後は新聞屋さんになります。

ちょっと情けないところもあるけど、憎めないそんな素敵な役でした!アデレイドちゃんとの並びも最高でしたね♪結婚式のシーンは本当に美しかったです!

ちなみに紅さんが『ガイズ&ドールズ』の新人公演でアデレイド役でゲスト出演してたのも笑えました(笑)

第2位 『THE SCARLET PIMPERNEL』パーシー・ブレイクニー

『THE SCARLET PIMPERNEL』の新人公演で安蘭けいさん演じる主演、パーシー・ブレイクニー役を演じた紅さん。

この演技が認められて一気にスターダム、そしてトップへの足掛かりを作ったといえるターニングポイントのお役です。

おちゃらけた貴族を演じながら実は、フランス革命で不当に処刑されるフランス貴族を助けるスカーレットピンパーネル!

コメディシーンとシリアスシーンが交互にくるんですが、本当に紅さんのキャラクターとマッチしてました!

また、パーシーのシマウマ柄の奇抜な衣装をも着こなす紅さんのスタイルも凄かったです♪

第1位 『オーシャンズ11』テリー・ベネディクト

『オーシャンズ11』を観終わった後にね、うちの母、SAKUママが言ったのです。

SAKUママ「SAKUちゃん……、今日から紅ちゃんを全力で応援しようよ」

SAKU「うん……わかった!」(゜-゜)

そう、オーシャンズ11のテリー・ベネディクトがあまりに凄くって衝撃的で、その日から母娘で紅さんを応援することを決意した作品です。

テリー・ベネディクトは実力だけでのし上がったカジノ経営者であり、主人公のダニー・オーシャンの敵役です。

ただの敵役ではなく、物凄いキャラが濃いというか、ギラギラした役で紅さんの怪演が本当に凄かった!物凄い迫力でした。

黒髪にスーツも本当に似合ってました。まじめな役ですがベネ様ってちょいちょい可愛いんですよね♡

最後のネバーギブアップ!のところではダニーよりも断然ベネ様を応援したくなりました!

同じ役をだいもん(望海風斗)も演じてて、これも良かったですが、紅さんの演技も本当に良かったです!

以上が、SAKUが選んだ紅さんが演じてきた役で好きな役トップ5になります!

ああ、明るく見送りたいけど、本当に退団するのが寂しいよ( ;∀;)

 

▼よかったらポチっと応援お願いします♪
他の宝塚ブログも読めます!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

Twitterはじめました!