宝塚ニュース

礼真琴主演『モーツァルト』のポスター解禁!かちゃ(凪七瑠海)のサリエル役が気になる

さて、少し書くの遅くなりましたが、先日、こっちゃん(礼真琴)主演の外箱公演の『ロックオペラ モーツァルト』のポスターが宝塚ニュースに公開されてました!

最初、モーツァルトと聞いたとき、外部公演で演出している小池修一郎先生演出の『モーツァルト!』かと最初、勘違いしていたわたしです(;’∀’)

今回は石田昌也先生が演出のフレンチミュージカルなんですね。日本では宝塚以外でも上演されております。

かちゃ(凪七瑠海)のビジュアルも解禁

こっちゃんとひっとん(舞空瞳)のビジュアルはすでに公開されてましたが、今回はかちゃ(凪七瑠海)のビジュアルも解禁。
真紅の衣装のこっちゃんに対して黒づくめのかちゃも美しい!

しかし、何がすごいって、かちゃ、こっちゃん、ひっとんの並びが新鮮ですね。この間まで全然みんな違う組だったので(笑)

かちゃは専科になってから星組公演の『ベルリン、わが愛』にも出演しているので、星組は慣れたものだと思われます。ばりばりと楽しく演じてほしいですね。

あと、ポスターに映る3人ともそれぞれ首席入団、ってのが本当に凄い!

かちゃ(凪七瑠海)が演じるのはモーツァルトに嫉妬するライバル役のサリエリ

今回かちゃが演じるのは、アントニオ・サリエリ【モーツァルトの才能に嫉妬するイタリア人音楽家】となってます。

宝塚以外で上演された『ロックオペラ モーツァルト』のあらすじとかを観てると語り部っぽい役なんですかね。

のっけから狂気の老人のサリエリの語りで始まるらしいときいて、もうかなりの期待大!

かちゃって正統派王子ビジュアルですが、病み系とか狂っちゃってる役とかクセの強い役や陰りのある役が意外と似合うと個人的に思っております。

昔はかちゃって悪役とか敵役するイメージが無かったんですが、月組のたま様(珠城りょう)主演の『激情』で、カルメンの夫役のガルシア(監獄から出所したばかりの荒くれ者のクズ役)見たときは正直びっくりしまして( ゚Д゚)

かちゃって皇族とか紳士とか王子様などスマートな役のイメージだったんだけどこんな根っからのクズの悪役も凄くうまくこなすんだなと驚きました!

『ベルリン、わが愛』もあーちゃん(綺咲愛里)を××しようとする衝撃的な悪役!あのとき机にかけた足が超長くてキレイで思わず見とれてしまいました(笑)

あと、かちゃの役で、かちゃと全くイメージが違う『逆転裁判3 検事マイルズ・エッジワース』ラリー・バッツ役(モヒカン愛されバカ)も好きだったりします。

やっぱりかちゃって本当に芝居達者だなと思ってます。

チケット入手困難が予想されて辛い(´;ω;`)

まあ、いろいろ期待を書いたんですが、正直、超チケット難ですよね。絶対。

まだ、友の会抽選とか残ってますが……どんな後ろの席でもいい!観劇できるだけでいい!

どうか、チケットの女神様、せめてモーツァルトだけは、どうかお願いします!!!!

 

▼よかったらポチっと応援お願いします♪
他の宝塚ブログも読めます!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

Twitterはじめました!