タカラジェンヌ(人物)

次期星組トップ、礼真琴に出会い人生観が変わった話

おはようございます!実家で宝塚スターカレンダーとこっちゃん(礼真琴)のパーソナルカレンダーを飾っているSAKUです!スターカレンダーの方は9月は愛ちゃん(愛月ひかる)!

そして、こっちゃんのカレンダーはなんと!こっちゃんの着物姿なんですが、それが物凄くクールでカッコいいんですよ!!!!洋装も素敵だけど、和装も似合うこっちゃん!

毎日じーっと眺め過ぎて朝、会社に遅刻しそうになるほどです(;’∀’)こっちゃん尊い!

こっちゃんのおかげで、本当にわたしの人生自体も変わったと思っています!

また、こっちゃんのことを100年に1度の逸材と思ってますし、好きというだけではなく、心の底から尊敬しています!

ということでわたしが愛する星組の次期トップ就任よていのこっちゃんについて熱く語っていきたいと思います♪

こっちゃんを最初に認識した瞬間

星組の永遠のトップスター柚希礼音さんが主演した2011年の星組の大劇場公演『オーシャンズ11』のマイク役がわたしがこっちゃんを認識した最初の瞬間でした。

この公演は、ちえさん(柚希礼音)も目的だったんですが、ずっと長年大好きだった、専科の未沙のえるさんの退団公演であり、最期の雄姿がどうしても見たくて、チケットを手に入れ観に行きました!

その中で、ひと際、凄い歌声の子が居る!と注目したのがこっちゃんのマイクでした。
マイクは、カジノの黒人系歌手であり、3ジュエルズ(女性3人歌手)と共に、時折、現れて物語の展開を歌い上げる役です

また、当時研3くらいだったこっちゃんにとっては物凄い抜擢だったと思います。

ただ、凄いな!と思ったんですがそのころ、仕事が忙しくて3番手くらいまでしかよくわからなかったので、あまり深く調べず、あの人歌がむちゃくちゃうまいな~程度だったんですよ。

こっちゃんを好きになった瞬間

そして、暫く仕事が忙しくて宝塚は年間5回くらいしか観れてない時期があり、月日は流れて、『The Lost Glory-美しき幻影-』を観劇したんです。

これは、専科の轟悠理事が出演された作品で、こっちゃんは靴磨きのパット・ボローニャという役をやってたんですが、これも超絶歌うま!

さらに歌のうまさに磨きがかかって、昔見た、マイク役の人ではないかと、改めてこっちゃんのことをちゃんと調べました。

そして、改めてこっちゃんを見直すと、本当に規格外の実力の持ち主であることを知って唖然とする日々。

歌だけじゃなく、ダンスも芝居も天才的やん!?
また、この時に理事のお母さん役の娘役の人(1場面しか出てこない端役)が物凄くソウルフルというか魂に響く歌声が衝撃的でそのとき、誰が演じてるのかも調べたんですがよくわからなかったんです。

誰だろうってずっと、思ってて、あの……最近、改めてスカイステージの放映みたら、元星組トップ娘役、妃海風ちゃんじゃないですか!?(気づくの遅すぎる!!!)
端役でも存在感ある人はやっぱり違うな~って改めて思いますね。

『ガイズ&ドールズ』アデレイド役は娘役さえも軽く超えてきた

そして、『ガイズ&ドールズ』を観劇するわけですが、アデレイドちゃんがどの娘役より可愛いし、歌も演技もむちゃくちゃうまいんだけど!?

ちょっと頭の弱いかわいらしい、お人よしダンサーを本当に見事に演じてました!紅さん演じる婚約者のネイソンとの絡みもコミカルで可愛いかった!

もうね、意味がわからない!Σ(゚д゚lll)ガーン なんでこんな凄い娘役パフォーマンスできんの!?男役ですよね!?

たぶんね、トップ娘役が実力派でこっちゃんと運命共同体の妃海風ちゃんだったからよかったものの、たぶん、並みの娘役だったら死にたくなるレベル……。衝撃的で、ますますこっちゃんの魅力の虜に!

こっちゃんのディナーショーで人生観が変わった!

実は、わたし、巡り合わせが良くて、奇跡的にこっちゃんの2018年2月に行われたディナーショー「MOMENT」を観ることが出来ました!

もうね、宝塚30年以上好きですが、こんな心震えるパフォーマンスは滅多にお目にかかれないってくらい圧巻で衝撃的でした。

また、参加メンバーもおそらく、こっちゃんが厳選したであろうメンバーたち。
歌もダンスも超絶うまい、いーちゃん(音咲いつき)、ダンス得意な夕渚りょうくん、歌が得意な遥斗勇帆くん、ダンスも歌もできる可憐な二條華ちゃん!

ディナーショーの合間のトークでもひしひしと後輩たちのことを思いやるこっちゃんと、他メンバーたちのこっちゃんへの深いリスペクトが伝わってきて、後輩からも本当に慕われているのを感じました!

本編では、こっちゃんのスマートで熱いパフォーマンスが素晴らしかったののですが、アンコールでは、こっちゃんの作詞の歌が歌われたんです。

これが本編とは全然違って、まあ、これが本当に泥くさい演歌なんですよ!(実際演歌ではなく、演歌のような泥臭い歌詞といいましょうか…)

等身大のこっちゃんの愛することを仕事にできた喜びや苦悩、日々努力する姿勢が伝わってきてもう、号泣( ;∀;)

こっちゃんって天才って思われてるけど、努力も本当に凄いんです。これは同期の95期生もみんな口を揃えてそう言ってますよね。

こっちゃんのパフォーマンスに自分の人生を考え直す

これを観て改めて自分の人生を振り返りまして、今、わたしのやってる仕事は、ありがたいことにやりたいと昔からやりたいと思っていた仕事だったんです。

しかし、一時期、配置転換で全然別の全く畑違いの部署に行かされて、そこは仕事内容も、人間関係も大変で、本当に辛かったんですよね……。

けど、なんとか運と努力が認められたことで元の仕事に戻れまして、今はやりたい仕事をやってるんですが、それがずっと慣れっこになってまして、熱い情熱が完全に失われてしまってたんですよね。

けど、こっちゃんのパフォーマンスを観て、本当に自分はやりたい仕事に対して真剣に向き合ってるのか、何がなんでもこの仕事を続けていくんだ!という熱い情熱をもって仕事に取り組んでいるのかを考えたときに、本当に努力も情熱も全然足りてない自分を深く反省しました。

このままではいけない!!!と奮起し、キャリアアップを目指すことを決意し、1年近く必死に勉強して仕事関係の難関資格を手に入れることができました!

仕事に疲れたとき、仕事がしんどい時、こっちゃんの努力や素晴らしさを思い起こし、何とか頑張っています!こっちゃんのパフォーマンスはわたしの生きる糧といっても過言ではありません!

こっちゃんのパフォーマンスで本当に人生観がかわりました。また、このように他人の人生観をも変えてくれるこっちゃんのパフォーマンスは本当に凄いと思います!

これからも全力でこっちゃんをリスペクトし、応援していきたいです!!!

 

他の宝塚ブログも読めます!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

Twitterはじめました!