観劇レポート

キャスト別感想②『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』脇役中心感想

さて、あらすじを追って全体感想を書いてきましたが、キャスト別感想主演中心に書いてきましたが、今回は脇役中心に書いていきたいと思います♪
星組以外の若手はそこまで詳しく無かったんですが、今回、宙組の若手のことを知れてとても楽しかったです♪

トム(松風輝)、ジム(実羚淳)、サム(水香依千)の召使3人組

今回の公演の中では上級生になる3人。実は松風輝さん以外あんまり認識がなかったのですが、3人ともとてもいい味出しておりました。

松風輝さんは『神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜』ニコライ二世の演技から、この人うまいなーと思ってたのですが今回も奉仕精神にあふれた召使にみせかけて、少しずつ不気味な本性を出していくのが巧みでした。

また、ジム役の実羚淳さんは、小顔ですらっとしてスタイル抜群でした。知らなかったんですが、SAKUママ情報ではダンスの名手とのことで、フィナーレナンバーでももえこちゃん(瑠風輝)とこってぃ(鷹翔千空)と3人で踊る場面が与えられておりました。

また、サム役の水香依千さんは、とっても笑顔が可愛い♪トム、ジムに比べてちょっとおっちょこちょいで他二人よりは愛想がある役だったんですが本人のキャラクターにあってるように思えました!

また、突然、ジムとサムがベッドでいちゃつきはじめるシーンがあるのですが((((;゚Д゚))))いままで、ちょっとコメディ要素がある2人ががらっと雰囲気が変わって物凄く色っぽくなるのがびっくりしました。

本公演でもこの3人には注目していきたいと思います!

3人の息もぴったりで、さすが上級生組といったところでした。

美声を響かせた瀬戸花まりちゃんと小春乃さよちゃん

歌うまが結構好きなので、元々瀬戸花まりちゃんと小春乃さよちゃんの歌声は好きだったんですが、今回は何曲かソロが与えられておりました。

結構、パワフルで力強い歌声のまりちゃん、農民の苦悩を訴える歌と、プチエトワールの歌は聞いてて圧巻でした。

そして、さよちゃん!さよちゃんは『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場版)のコンスエーロの歌が本当に凄くて、宝塚全体の娘役の中でもトップレベルの歌声だと思ってるんですが、今回も屋敷の乙女な侍女として美しい歌声を響かせておりとても良かったです♪

歌うまのせいこちゃん(純矢ちとせ)が退団されてしまったので、もっと二人とも本公演で歌う役で起用されることを願ってます!!!

貫禄ある若翔りつくん

若翔りつくんは『オーシャンズ11』ブルーザーに抜擢されており、本公演でもすでに若手ながら貫禄ある役ですが、今回は屋敷に監禁されているパイロットのリーダー役をやっており、渋くカッコいい役でした!

歌もうまいし、安定した演技ですし、今後、本公演でも重要な押さえの役で活躍することを期待しております!

最ゲスいパイロット役が似合ってた希峰かなたくんと愛海ひかるくん

希峰かなたくん個人的にあのちょっと悪役顔(……)が好きなんですが、観てないのですが雪組のカリ様(煌羽レオ)っぽい雰囲気がするなと思っております。『群盗-Die Räuber-』は観てないですが、噂では、若手とは思えない貫禄ある悪役をしてたと聞いて、『群盗-Die Räuber-』はやくみたい!(笑)

監禁されているパイロット役で、最期、愛海ひかるくんと共に楽園の崩壊する中、逃げ出すついでに他のパイロット仲間の制止も聞かずに乙女たちに襲い掛かるゲス役なのですが、本当にそのときのゲス顔が素敵♪かっこよかったです。

そして、同じくゲス役の愛海ひかるくんですが、本当に顔立ちがすっとして可愛いのに、まさかの全然イメージの違うゲス役!『天は赤い河のほとり』ティト役(可愛い少年)のイメージが強かったので今回はまた男っぽいパイロット全然違った役でしたが、愛海ひかるくんの可愛いゲス顔というギャップが本当に良かったです(笑)

今回一番気になった亜音有星くん

星組ファンなら知っている(笑)舞台の立ち姿や容姿が本当にすらっとしてカッコいいさきっぽ(蒼舞咲歩)の妹!亜音有星くんが今回、とても目立ってました!

すらっとしたまだ103期の若手ながら、『オーシャンズ11』で私の好きなベネ様役に抜擢されてたのは知ってたんですが、今回も監禁されたパイロットで出番は少ないですが重要な役をしておりました。

パイロット役ね、みんなカッコいいんですよ。特に宙組生はビジュアルが素晴らしいひとが多いですからね。

その中でも圧倒的な存在感!

さきっぽも目立つ存在ですが、有星くんはすごかった。

さらに若手であの華というか存在感ってのが本当に凄い。まだ、研3ですかね。これは、ちょっと来るんじゃないか!?と期待させる大型若手でした。

存在しているだけで、惹きつけられるっていのは舞台人としては凄い才能ですよね。しかも、華とか存在感ってわかりにくいものだから特に難しいのに……

今後の活躍を注目して見守っていきたいと思います!!!

さて、色々書いてきましたが、今回の公演では本当に宙組の若手たちの凄さを目の当たりにしました。中堅組も凄かったですしね!本公演での活躍も期待しております!

▼よかったらポチっと応援お願いします♪
他の宝塚ブログも読めます!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【観劇感想】トンデモか名作か!?『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』楽しみにしていた『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』ついに、ついに観劇してきました!わたし、他の人の感想はわざと見ないで行ったの...
【観劇感想②】怒涛の後半30分『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』さて、昨日に引き続き、『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』のあらすじの沿って全体感想を書いていきたいと思います♪ http...
キャスト別感想①『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』主演中心さて、あらすじを追って全体感想を書いてきましたが、キャスト別にも感想を書いていきたいと思います!いやー今回、普段の大劇場公演ではわからな...